フランチャイズの形態

誰もが気軽に使え、しかも24時間営業していることから多大なる利便性を与えてくれるコンビニですが、コンビニなどではフランチャイズ経営といった業態が取られていることも少なくありません。
フランチャイズは同一ブランドのイメージやロゴ、品揃えなどを持ちチェーン店形態で営業しているお店などを指しますが、現在の日本ではコンビニに限らず数多くのフランチャイズ企業が存在しています。
コンビニのほかではベーカリーショップやファーストフード店、学習塾などもフランチャイズ経営しているところが増加しているのです。

フランチャイズにはそれなりの定義が存在していることも知られています。
フランチャイズの定義は「社団法人日本フランチャイズ協会」によって定められており、この定義に合致している形態がフランチャイズ店、フランチャイズ企業と呼ばれます。
フランチャイズはオーナー側にさまざまなメリットももたらしてくれますが、デメリットも多く、本部と加盟店のあいだでトラブルに発展することもあります。

現在の日本では当たり前になってしまったフランチャイズですが、そもそもどうしてこのような形態が誕生したのかという部分に疑問を感じたことのある方も多いのではないでしょうか。
そこで、このサイトではどうしてフランチャイズ経営が誕生したのか、メリットや成功の鍵は何なのかといった部分について情報を発信したいと思いますから、フランチャイズに興味のある方はぜひ目を通してください。



Copyright © 2014 フランチャイズ経営はなぜ誕生した? All Rights Reserved.